ホテルと旅館の具体的な違いについて

宿泊施設は日本中どこにでもあるけど、泊まる時にホテルと旅館で選ぶときに迷うということもあります。基本的の泊まることができればいいとは思っていてもホテルと旅館の違いが気になったことがあるという人も多いと思います。ホテルと旅館には明確な区別があり、旅館業法によって決められています。

ホテルは洋室が10室以上、部屋の広さが9平方メートル以上になります。旅館は和室が5室以上、部屋の広さが7平方メートル以上と決められています。この定めの範囲外はペンションとなります。このような旅館業法の定めを知らなくてもイメージ通りと思う人も多いかもしれません。ホテルは洋風のイメージ、旅館は和風のイメージととらえている人も多いからです。

値段によるちがいなどはありませんから、洋風がいいのか和風がいいのか、それぞれどういったサービスが行われているのかということを基準に選んでみても問題はありません。宿泊料金はサービスや料理によるところが大きいのでホテルと旅館に具体的な違いというものは気にしなくてもいいのです。

ホテルと旅館に大きな違いは文化による違いともいえるかもしれません。ホテルはプライバシー保護のためにルームサービスを行っていますが旅館では見ず知らずの人と仲良くなることもできます。洋風と和風の文化の違いで選んでみるといいかもしれません。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>