妊娠で変化する太りやすさ

ダイエットの成功率は実は体質によって難易度が変わるという説があります。人間いろいろな体質の人がいるので、カロリーの発散や吸収も個人差があるとしても不思議ではありません。その体質という部分で、女性の方はダイエットで大きなハンデがあるとされています。その代表的なものが産後太りという例です。妊娠した人というのは、出産のために太りやすくなってきますし、出産後も授乳などの関係でまだカロリーを蓄えやすい体質が続いているという話なので、産後太りのダイエットはかなり難しいのです。

産後太りを防ぐためには、妊娠期間中でも、ある程度の適度な運動が必要と言われています。しかし適度な運動といっても、母子共に危険なことに成りかねないので、バランスが非常に難しいとされています。どの程度のまでの運動が良いのかという話を、産婦人科の先生などと相談をするべきです。適度な運動であるのなら妊娠中の健康状態にも良い影響があるという話ですので、動きにくいからといって動くのを面倒に思ってはいけないのです。

もう出産をしてしまい、ここまでの話は手遅れと思った人も諦めてはいけません。産後太り用のダイエットプログラムなども調べれば見つかりますので、頑張って元の体型に戻って欲しいと思います。